マイテックアウター2014.6
13/16

12サッシ開口寸法(W)ブラケット柱(たて枠)約45~110mmまぐさサッシ開口寸法(H)ブラケットはヘッドボックス端部から各20~100mmの位置に取付けてください。左右のブラケットはヘッドボックス端部からの位置寸法を同じに取付けてください。ブラケットの取付け位置必ず下地のある壁面及び天面に取付けてください。注意本体固定ネジがブラケットの下側になるように付属のブラケットを取付けネジで取付けてください。ブラケット1個に対し、取付けネジは2本使用してください。必ず左右のブラケットの位置が水平に取付けられていることを確認してください。ブラケットは長穴となっておりますので、最大で5mmのブラケット位置の微調整が可能です。ブラケットの取付け方法本製品の取付けは正面付け専用です。必ず下地のある壁面へ正面付けして取付けてください。注意取付けネジ37.2285338.720~100mm20~100mm■製品本体の取付け方法❶ヘッドボックス本体の背面にブラケットを当ててください。❷ヘッドボックス本体を真下に降ろし、ブラケット上部の突起をヘッドボックス上部の溝に差し込んでください。❸ヘッドボックス下溝内に入っている締め板をブラケット位置に移動し、付属のゆるみ防止ネジでヘッドボックスとブラケットを固定させてください。■製品本体の取外し方法●製品本体の取付け方法の逆の手順(❸→❷→❶)で取外してください。ブラケットから製品を取外す際は、必ず手で支えながら作業してください。注意MYTEC OUTER●製品幅(W)●製品高(H)サッシ開口寸法(W)+100~150㎜(片側50~75㎜)を推奨しています。※ただし、ブラケットとガイドワイヤー止め金具/ボトム固定フックの取付位置は柱(たて枠)となりますので、下地の幅に応じた寸法割り出しが必要です。※特にクラッチ式ガイドワイヤー仕様については、ガイドワイヤーを垂直に設置しないと、スクリーンの昇降に不具合が生じますのでご注意下さい。製品(ブラケット)取付け位置からサッシ枠下部までを測定し寸法割り出しを行って下さい。※腰窓などへ取付ける際に、サッシ枠よりも極端に下にフックを設置してしまうとスクリーンの昇降操作がしにくくなりますのでご注意下さい。●ブラケットはヘッドボックス端部から各20~100mmの位置に取付けてください。※左右のブラケットはヘッドボックス端部からの位置寸法を同じに取付けてください。■ブラケットの取付け位置必ず下地のある壁面及び天面に取付けてください。注意❶本体固定ネジがブラケットの下側になるように付属のブラケットを取付けネジで取付けてください。※ブラケット1個に対し、取付けネジは2本使用してください。❷必ず左右のブラケットの位置が水平に取付けられていることを確認してください。※ブラケットは長穴となっておりますので、最大で5mmのブラケット位置の微調整が可能です。■ブラケットの取付け方法本製品の取付けは正面付け専用です。必ず下地のある壁面へ正面付けして取付けてください。注意P.6取付け5320~100mm●サッシ枠固定金具を使用する場合●下地探し針による下地の確認●壁面へのブラケット取付け位置の注意点■ブラケットの取付け位置※ノンクラッチ式の場合は、上記製品幅より伸ばしても問題ありません。サイズの測り方※クラッチ式(ガイドワイヤー式)の場合、ガイドワイヤーを垂直に設置しないと、スクリーンの昇降に不具合を生じますので製品幅は、サッシ開口寸法(サッシ枠固定金具取付位置)+75mmのサイズでご指定ください。●ブラケットはヘッドボックス端部から各20~100mmの位置に取付けてください。※左右のブラケットはヘッドボックス端部からの位置寸法を同じに取付けてください。柱壁下地探し針室内側柱壁下地探し針室内側柱のある場所※柱に当たり、手ごたえを 感じます。柱のない場所※手ごたえがありません。●ブラケット取付けネジは柱端部から 10mm以上内側の位置になることを 確認してください。柱ブラケット10mm以上10mm以上

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る